発達障害者がおすすめする発達障害者のための転職エージェント比較サイトです!

発達障害者のための転職エージェント比較サイト

アスペルガー 女性

【女性のアスペルガー症候群】隠れ発達障害と見過ごされた女たち

更新日:

女性のアスペルガー症候群

発達障害の1つであるASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)は、全般的に女性よりも男性に出現するケースのほうが多いと言われています。

アスペルガー男女比

など諸説ありますが、およそ3~5倍程度、女性より男性の方が多くいるというのが一般的です。

ゆうと
しかし、実際には女性の発達障害は多く、ただ見過ごされてしまっているだけのケースが多いです。

女の子の場合で問題になるのは、発達障害の診断が遅れることでより症状が悪化してしまうことです。

女の子の問題

  • うつ症状
  • 双極性障害
  • 睡眠障害
  • 性依存

特に、女性のアスペルガー症候群は気付かれにくく、適切な治療が受けられなかったばかりに、これら精神的な二次障害を発症してから、性被害に遭ってしまうケースすらあります。

ゆうと
その時に初めて精神科や心療内科に通って発達障害が発覚するケースが多いのです。

そこで、この記事では見過ごされがちで深刻化しやすい女性のアスペルガーについて、詳しくご紹介していきたいと思います。

女の子のアスペルガーの特徴

女の子のアスペルガーの特徴

発達障害者の多くは、言語や知能の目立った遅れがなく、見た目も普通に見えるため、周囲の人から

「なんであなたはそんなことも出来ないの!」

などと誤解を受け、つらい過去を抱え、自己肯定感が育まれないまま育っている人が少なくないです。

ゆうと
アスペルガーは生まれつき脳に何らかの機能障害があることで引き起こされると考えられています。

発達障害の種類

  • ADHD(注意欠陥多動性障害)
  • LD(学習障害)
  • ASD(自閉症スペクトラム障害)

そんな発達障害の1つであるアスペスガー症候群には、

アスペルガーの特徴

  • 言われた言葉を文字通り受け取ってしまう
  • あいまいな表現がわからない
  • 想像力の乏しさから相手の気持ちが分からない
  • 音や匂いなどに過剰に敏感
  • こだわりが強く興味の幅が限定的
  • コミュニケーション面で困難さが伴う
  • 社会性の乏しさから孤立しがち

これらの特徴が見られ、特に男の子の場合では、3歳頃の幼少期からアスペルガーの特徴が目立ち始め、お友達同士でトラブルが多くなってくることから、診断されるケースも出てきます。

一方、女の子のアスペルガーが見過ごされてしまう原因は、発達障害の特徴が男の子ほど明確に現れないということが最も大きな要素となっています。

女の子のアスペルガーに当てはまる事例

女子のアスペルガーに当てはまる事例

女の子のアスペルガー症候群は、4歳~6歳の幼少期など、早い段階で気が付かれることがほとんどありません。

ゆうと
女子の場合、男子よりも社会性が育ちやすいという脳の構造(脳梁が太い)から、言葉の遅れも見られにくいので、アスペルガーと診断されることがあまりないのです。

ただ、

女子中学・高校生のアスペスガー

  • 小学校高学年から中学生にかけて、ガールズトークに入れない
  • 場の空気が読めず、ピンボケな会話をしがち
  • 暗黙のルールがわからず、イジメの対象になる
  • 体調不良で学校を休むことが多くなる
  • 恋愛でトラブルがおこったり、性被害に逢ったりしてしまう

など、アスペスガーの女の子では小学校高学年頃から「生きづらさ」を感じ始め、思春期の多感な時期に周りのグループに入れず、孤立し、本人が心身の不調を訴えているケースが少なくありません。

そこで、医療機関を受診してみたのですが「発達障害」ではなく「心身症」と診断が下り、心身の不調の原因が分からず、適切な支援を受けられないまま育っていってしまうと、問題はさらに深刻化していってしまいます。

ゆうと
実はそれがアスペルガーが原因で引き起こされていたものだったというのが気づかれにくいのです。

ガールズトークに入れない

ガールズトークに入れない

アスペスガーの女性特有の悩みに「グループに馴染めない」というものがあります。

学校や職場でも女の子は気の合う何人かでグループを作り、雑談をよくしていますね。

しかし、

女性の雑談

  • 話の目的がない
  • 方向性や結論が明確でない
  • 話題が頻繁に変わる
  • 多様なテーマで話す

こうした雑談はアスペルガーの女性にとって最も苦手としていることの1つです。

ゆうと
会話だけでなく、女性の仲間同士での空気感など「暗黙の了解」を感じることを苦手としています。

そのため、女子のグループに入れず、孤立したり、悪い場合にはいじめの対象になってしまうこともしばしばあります。

うつ病や睡眠障害で学校や仕事を休みがち

うつ病や睡眠障害で学校や職場を休みがち

女の子の発達障害の場合、思春期の小学校高学年から中学・高校生にかけて体調不良で学校を休みがちになることも特徴の1つです。

体調不良の例

  • 夜眠れない
  • 朝起きれない
  • 吐き気
  • 腹痛
  • 便秘
  • 原因不明の発熱
  • 極度の疲労感

参考 わからないことがここにある-厚生労働省

これらの体調不良の原因に発達障害が隠れていることがあります。

思春期には第二次性徴として、

女性の第二次性徴期

  • 乳房が膨らむ
  • 陰毛やわき毛が生えてくる
  • 丸みを帯びた体つき
  • 初経(初めての生理)

など大人の女性のへ向けた変化が起こってきますね。

多くの女の子たちも、これら体の突然の変化が自分の身に起こることで違和感を感じるものですが、特に変化を苦手としてるアスペルガーの女の子では、より大きなストレスを感じています。

さらにアスペルガーの女の子の場合、

特性からくる問題

  • 月経への生理的な嫌悪感
  • 物事への強いこだわりやスマホ依存による生活習慣の乱れ
  • 興味の偏りから来る偏食や摂食障害

など、感覚過敏による不快感や強いストレス、また生活習慣の乱れなどから、自律神経の調節が不安定になり体調を崩してしまうことが多いのです。

ゆうと
発達障害のない女の子でも、この思春期の時期にはこのような「起立性調節障害」と言われる症状が出やすい時期です。

頻繁に体調を崩すために、病院へ行っても「心身症」や「起立性調節障害」などと診断され、原因であるはずのアスペルガーやADHDなど発達障害が隠れてしまいがちなのです。

その結果、「悪いのは自分だ」と自責的になり、うつ病や不登校など二次障害を引き起こしてしまう女の子が出て来てしまいます。

恋愛や子育てで起こる問題

恋愛や子育てで起こる問題

そして特に問題なのは、思春期の恋愛において、非言語で進む男女間の「空気感」を察することができず、人間関係のトラブルに巻き込まれたり、性被害者となってしまうケースです。

男女の恋愛においてどんなシーンでどう行動すべきか、家族や信頼できる友人からアドバイスや相談をしておくことが重要になります。

ゆうと
いざという時の、助けを求める方法も事前に準備しておきましょう。

さらに、適切な支援を受けられなかったまま大人の女性となり、家庭を持った際には、

大人の女性の問題

  • 児童虐待
  • ネグレクト
  • 育児放棄

など結婚や週産後の育児に戸惑っている事例が報告されることもあります。

自分の心と体を守るためにも、上記のことに1つでも心当たりがあれば、まずは医療機関で発達障害のチェックをしてみることが大切です。

女子のアスペルガーまとめ

女子のアスペルガーまとめ

比較的社会性が高く、発達障害の特徴が目立ちにくい女子の場合、隠れアスペルガーとして見過ごされているケースがあります。

そして、その特徴は特に思春期以降に「体の不調」や「人間関係の悩み」として、表面化されることが多いです。

アスペルガー症候群の女性が「生きづらさ」を解消し、上手に社会に適応していくためには、

女性の順応方法

  • 割り切って女子グループと無理して付き合わない
  • 恋愛でのリスクに家族や友人と相談しておく
  • 自分に合った方法で定期的な休息を取る
  • 医療機関を受診し、薬の力を借りる

これら、事前にリスクを想定して、予防策を立てておくことが大切です。

アスペルガー症候群の女の子は、

アスペルガー女子の強み

  • 強力な論理的思考
  • 興味のある分野への高い集中力

を持ち、自分の特性に合った環境では、他の人にはマネできない突き抜けた才能を発揮します。

発達障害の有名人
ADHDとアスペルガーの併発は天才なのか
ADHDとアスペルガーの併発は天才!?有名人が才能を活かせた理由

社会性の乏しさやこだわりの強さなどから生きづらさを抱えている発達障害の人たちは多くいます。 一方で、 「ADHDやアスペ ...

続きを見る

一方、

アスペルガー女子の注意点

  • 身体的な疲労を感じにくい(感覚鈍麻)
  • のめり込み過ぎてエネルギー切れ

など、体調面でのリスクも高いです。

無理せず、体調がすぐれない時にはその場から離れて休憩するなど、自分の心と体を守っていきましょう。

参考 どんぐり発達クリニック院長-宮尾益知

発達障害におすすめ転職エージェント・就労移行支援比較ランキング

発達障害におすすめ転職エージェントと就労移行支援ランキング

ゆうと
転職の際には2~3社の転職エージェントに登録することが一般的です。

エージェントによって紹介できる求人や強みのジャンルなどが異なるので、希望の求人に出会えるチャンスも多くなります。

それでは具体的な発達障害者におすすめ転職エージェントをランキング形式でご紹介していきたいと思います。

第一位 dodaチャンレジ

dodaチャンレジ公式サイトへ

最もおススメな転職エージェントは障害者の転職支援人数が業界トップクラスのdodaチャンレジです。

dodaチャレンジは、dodaブランドの中でも障がい者向けに特化した転職支援サービスです。

大手・優良、外資系、ニッチトップ企業まで幅広い求人のラインナップがあり、専任のキャリアアドバイザーによるカウンセリング(面談)から、お一人おひとりの状況に寄り添い転職活動をサポートしてくれます。

ゆうと
障がいの種類においても(身体・精神・知的)など幅広くサポートしている点も魅力。

主な拠点は本社(田町)、東京(丸の内)、関西オフィス(梅田)、中部オフィス(名古屋)の4カ所ですが、電話面談も利用できるため地方在住でも利用することができます。

担当エージェントが二人体制という手厚さで、たくさんの求人を紹介してくれます。

ゆうと
dodaチャレンジを利用できるのは障害者手帳を持っているか申請中の方のみです。この先は既に手帳を持っているか申請中の方だけお進みください。

第二位 ココルポート(旧社名Melkメルク)の就労移行支援サービス

第二位ココルポートの就労移行支援サービス

ココルポートでは障害者の自立就労移行支援サービスを関東(1都3県)で行っています。

2019年8月時点で、首都圏(1都3県)で38事業所展開し、精神障がい、知的障がい、発達障がい、身体障がい、難病などの障がいのある方で18歳以上から65歳未満の一般就労等を目指す方を対象としています。

ココルポートでは「1からの自立」をテーマとして掲げ、90種類以上の多彩なプログラムを実践しながら訓練していき、就職後の安定した職場定着を見据えて取り組んでいます

ゆうと
実績としても就業者数1,011名※一般就労のみ(2019年8月1日時点)、定着率85.4%※6ヶ月定着率(2019年8月1日時点)と障害者の就業率と定着率の高さがうかがえます!

主に東京・神奈川・埼玉・千葉などの首都圏エリアにお住まいの方限定で利用できる、関東で障害者に最もおすすめな就労移行支援サービスの1つです。

第三位 リンクビー(atGPの就労移行支援)

リンクビー(atGPの就労移行支援)

リンクビーは障害者の転職実績No.1のatGPを擁するゼネラルパートナーズが運営する発達障害者に特化した就労移行支援サービスです。

atGPではこれまでの実績で築き上げた大手優良企業の人事担当者との太いパイプを持ち、国内最大級の求人数があります。

ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)、ADHD(注意欠陥多動性障害)、LD(学習障害)を持っている人に特化したプログラムで発達障害者の転職・就職を厚くサポートします。

  • この記事を書いた人
アバター

ゆうと

はじめまして!これまで数度の転職を繰り返してきたゆうとです。精神的にも落ち込んでいた時に心療内科を受診し、35歳で発達障害(自閉症スペクトラム、アスペルガー障害)及び適応障害、鬱症状と診断されました。 発達障害者はその特徴である社会性の欠如やコミュニケーション能力不足で社内で孤立し精神的にまいってしまいがち。 そんな、発達障害を抱えた私が自分らしく働ける環境を手に入れた転職エージェンを利用した転職方法をご紹介しています。 発達障害者による発達障害者のための転職エージェント比較サイトです。

-アスペルガー, 女性
-,

error: Content is protected !!

Copyright© 発達障害者のための転職エージェント比較サイト , 2019 All Rights Reserved.