発達障害者がおすすめする発達障害者のための転職エージェント比較サイトです!

発達障害者のための転職エージェント比較サイト

子ども 学習障害(LD)

学習障害の特徴とは?LDの症状改善が期待できるトレーニング方法

更新日:

学習障害の特徴

発達障害の1つである学習障害(LD)は、

気づかれない例

  • がんばればできる
  • 努力が足りない
  • 勉強不足

などと見過ごされているケースが非常に多い障がいの1つです。

ゆうと
支援のないまま育ってしまった子供の場合、「自分はダメな子なんだ」と自尊心や自己肯定感が育まれないまま成長してしまいがちです。

大人になった時に精神障害も併発してしまうリスクが高いため注意が必要です。

そのため、学習障害の早期発見は息子や娘を持つ親にとって重要な診断になります。

しかし、特定の分野が出来ないことを除けば特にその他の発達の遅れは見られないため、

学習障害はいつから?

  • 1歳
  • 2歳
  • 3歳
  • 4歳
  • 5歳
  • 6歳

の本格的な学習に入る小学校入学前の幼児から幼稚園に通う年中さんや年長さんの段階では判断が難しい障がいでもあります。

そこで、この記事では、

心配

  • 自分の子どもはもしや…
  • もしかして自分は…

と不安になっている親御さんや、疑いを持っている方へ学習障害の特徴について調査した結果を詳しくご紹介していきたいと思います。

学習障害の特徴

学習障害の特徴

文部科学省の定義では、

文科省の定義

  • 「学習障害とは基本的には全般的な知的発達に遅れはないが、聞く・話す・読む・書く・計算する又は推論する能力のうち特定のものの習得と使用に著しい困難を示す様々な状態を示すものである。学習障害はその原因として中枢神経系に何らかの機能障害があると推定されるが視覚障害・聴覚障害・知的障
    害・情緒障害などの障害や環境的な要因が直接的な原因となるものではない。」

参考 LD,ADHD,高機能自閉症の定義と判断基準

とあり、

学習障害の判断基準

  • 知的な遅れ
  • 視聴覚の障害
  • 教育環境
  • 本人の努力

に問題が無いにもかかわらず、「読み書き」や「計算」など特定の領域で学習の困難さが見られる状態のことを指しています。

学習障害で最も多いディスクレシア

ディスクレシア

その中でも最も多いのがディスクレシア(特異的読字障害)と呼ばれる症状です。

ゆうと
学習障害の80%がディスクレシアという欧米では、ディスクレシアへの指導が学習障害の主要なものとして考えられています。

別名

  • ひらがなやカタカナ、漢字などの文字を「読めない」ことはすなわち「書けない」ことにも直結しているため、「発達性読み書き障害」とも呼ばれています。

ディスクレシアは未就学児で気づかれることはほとんどなく、就学後にはじめて子どもの「字が読めない」困難さに両親や担任が気がつく場合が大半を占めており、小学校3・4年生にあたる10歳前後での漢字習得の困難さをキッカケとして発見されることも少なくありません。

発達障害の中でも特に学習障害は1人1人によって症状の現れ方は異なり、意識しても気づかれにくいため診断が難しい障害でもあります。

ゆうと
学習障害の原因は脳機能の障害と考えられていますが、現段階では特定の脳の部位やハッキリとした原因は見つかっていません。

続いては、学習障害の判断基準について見ていきたいと思います。

学習障害の診断

学習障害の診断

学習障害を抱える人では、全体的な知的能力はあるものの、ある分野に限っては非常に学習が難しく、学校生活だけでなく就職や就労、その他日常生活に大きな支障をきたしてしまいます。

 

その悪い影響は、

危険性

  • 小学生のうちから学力が低い
  • その後の学校教育にもついていけない
  • 成人後は失業や転職を繰り返し低所得となる割合が高い
  • 抑うつ状態や自殺念慮などのリスクが高い

など、障害にわたって社会生活や心身の健康に影響するリスクがあります。

一方、学習障害の理解と支援が進んでいるアメリカでは、学校が検査と適切な支援を行うよう法律で定められており、専門のスタッフや学校、地域の支援を受けることでその後の症状が改善されることがわかっています。

ゆうと
そのため、子どもの知能(IQ)に期待される年齢水準の読み書きができない子供には、なるべく早い段階で検査を受けさせるべきです。

学習障害の種類は3つ

限局性学習障害には3つのタイプがあります。

参考 DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル(医学書院)

ゆうと
セルフチェックする際の基準にしてみてください。

ディスレクシア(読字障害)

ディスクレシアの特徴

以下の項目に当てはまることが多いほど、ディスクレシアの可能性は高くなります。

よく見られる行動リスト

  • 字を読むのを嫌がる
  • 音読の速度が遅い
  • 文章の要点をつかむことが難しい
  • 逐次(ちくじ)読みをする(一文字ずつ区切って読む)
  • 文字や行を飛ばして読む
  • 語尾や文末を読み間違える
  • 読み方がいくつかある漢字を読み誤る
  • 促音・撥音・拗音などの特殊音節を読み誤る
  • 「ろ」や「る」など形の似ている文字を見分けることが難しい
  • 「は」を「わ」と読めず「は」と読む
  • 指で押さえると読みやすくなる

読字の障害を伴う子供の場合には、単語の理解が困難で、正しい発音がなかなかできません。

ゆうと
ディスクレシアは学習障害の中で最も多いタイプで、その割合は8割にも上ります

ディスグラフィア(書字表出障害)

ディスグラフィアの特徴

よく見られる行動リスト

  • 子どものころから文字に興味を示さない
  • 字を書くことを嫌がる
  • 書くことが極度に遅い
  • ひらがなで書けない文字がある
  • カタカナを覚えられない
  • 漢字を覚えられない
  • 英語の読み書きが難しい
  • 「わ」と「は」、「お」と「を」のように促音、撥音、拗音などの特殊音節を誤る
  • 句読点を書かない
  • マス目や行からはみ出る
  • 筆圧が強すぎるまたは弱すぎる
  • 形態的に似ている文字を書き誤る

この障害のある子どもは、文字の綴りを間違えたり、何度教えても文末に「。」をつけ忘れたりします。

ゆうと
書字の障がい単独ではなく、読字の障害と併存していることが多いです。

ディスカリキュリア(算数障害)

ディスカリキュリアの特徴

よく見られる行動リスト

  • 時計が読めない
  • 数を数えるのが昔から苦手
  • 暗算ができない
  • 九九をなかなか覚えられない
  • 繰り上がり、繰り下がりが分からない
  • 文章題を解くのが困難

算数の障害を伴う子どもは足し算や引き算などの計算が遅く不正確です。

そもそも数の概念が身につかない場合もあり、発達障害の中では珍しく男子より女子に多い傾向があります。

早期発見と支援が必要

早期発見と支援

これら学習障害と診断された場合、その影響は成績不振に留まるだけでなく、学習以外の面でも

悪影響

  • 意欲の低下
  • 心身症
  • 不登校
  • 引きこもり
  • いじめ

など学校生活や社会生活において様々な問題に発展してしまうリスクがあるため治療的な関りと支援が必要となります。

ゆうと
その場合、学校の担任や通級教室担当者と連携して治療的介入をすすめることが大切です。

学習障害は治療で治る?

学習障害は治療で治る?

学習障害に対して最も有効とされる治療は、各々の子どもの症状に合わせた教育を施すことです。

世界的にも学習障害への理解や教育が進んでいる米国では、公立学校において学習障害がある児童と青年に無償の適切な教育機会の提供を法律で義務づけています。

米国個別障害者教育法(IDEA)

  • 障害のある生徒が高い期待度をもって受け入れられ、可能な限り通常の学級で通常カリキュラムに則った教育を受けることをめざすものです。その目的は、「すべての子どもたちのために設定された発達目標に到達し、可能な限り、めざすべき高い期待度を満たすこと」

引用 Cortiella, C. (2006). NCLB and IDEA: What parents of students with disabilities need to know and do.Minneapolis, MN: Universi ty of Minnesota, National Center on Ed ucational Outcomes.

と定められています。

ゆうと
続いては、具体的にどんなトレーニングがあるのか見ていきましょう。

トレーニングで読字障害を改善

ディスクレシアのトレーニング方法

ディスクレシア(読み書き障がい)はビジョントレーニングによって緩和できる部分もあります。

ビジョントレーニング

  • 視覚機能を高めることにより、読み書きや手先の微細運動、運動能力、集中力などの向上が期待でき、眼球の動きをコントロールする力、空間認識能力などを高めることを目的とするトレーニング。

参考 ビジョントレーニング-ハッピーテラス

ビジョントレーニングを行う際には、ビジョントレーナーと呼ばれる専門家の指導を受けることが出来ます。

ゆうと
お住まいの地域の発達支援センターや各自治体から探せます。

また、個人差はありますが、

工夫

  • 教科書を拡大コピー
  • 図を使う
  • 身振り手振りで伝える
  • 文節に区切りを入れる

などの工夫で読みやすくなることがあるので、担任の教師や専門家と相談しながら、自分の子に合った方法を試してみてくださいね。

トレーニングで書字表出障害を改善

ディスグラフィアのトレーニング方法

ディスグラフィア(書字表出障がい)の治療は支援者による持続的な支援が受けられれば、効果が期待できる傾向があります。

トレーニング例

  • 綴字や文章を直接書く
  • 文法の復習
  • 「へん」や「つくり」を組み合わせる教材
  • 漢字の成り立ちの理解
  • キーボードで打ち込む

これらのトレーニング法には個人差がありますが、症状を改善していくためには支援者とのマッチングも見逃せません

学習障害の支援にはマンツーマンによる指導が必要になるため、子ども自身が集中して継続的に取り組み続けられる関係性も重要になってきます。

ゆうと
ただトレーニング方法を知っているだけでは、子どもは変わっていかないとも言えます。

トレーニングで算数障害を改善

ディスカリキュアのトレーニング方法

ディスカリキュア(算数障がい)においては、小学校1年生~2年生の低学年で特別支援を受けられると、その後の反応がとても良いとされています。

トレーニング例

  • 数字の順序を覚える
  • パソコンやタブレットなどの電子機器を使い算数を楽しむ
  • 文章題は絵や図に置き換える

など、これらの効果には個人差がありますが、その子どもに合った工夫をすることで、これまでより簡単に計算を解けるようになることが期待されます。

学習障害の特徴まとめ

学習障害の特徴まとめ

学習障害の症状には個人差があるため、担任の先生や私たち保護者は自分の子供に合った教育方法を模索し続ける姿勢が常に求められます。

ゆうと
特に学習障害の子どもでは、これまでの失敗や周囲の大人達から叱られた経験が多く、自信を失いがちです。

ポイント

  • その子に最善の勉強法とトレーニング法を個別に考える
  • 楽しく勉強ができる環境を整える
  • 出来ないことを責めない
  • 甘やかし過ぎず、適切に評価する

学習障害の子どもが、勉強や学校生活の上で少しでも難しさを改善・克服し、自信を取り戻せるように適切に向き合いましょう。

発達障害におすすめ転職エージェント・就労移行支援比較ランキング

発達障害におすすめ転職エージェントと就労移行支援ランキング

ゆうと
転職の際には2~3社の転職エージェントに登録することが一般的です。

エージェントによって紹介できる求人や強みのジャンルなどが異なるので、希望の求人に出会えるチャンスも多くなります。

それでは具体的な発達障害者におすすめ転職エージェントをランキング形式でご紹介していきたいと思います。

第一位 dodaチャンレジ

dodaチャンレジ公式サイトへ

最もおススメな転職エージェントは障害者の転職支援人数が業界トップクラスのdodaチャンレジです。

dodaチャレンジは、dodaブランドの中でも障がい者向けに特化した転職支援サービスです。

大手・優良、外資系、ニッチトップ企業まで幅広い求人のラインナップがあり、専任のキャリアアドバイザーによるカウンセリング(面談)から、お一人おひとりの状況に寄り添い転職活動をサポートしてくれます。

ゆうと
障がいの種類においても(身体・精神・知的)など幅広くサポートしている点も魅力。

主な拠点は本社(田町)、東京(丸の内)、関西オフィス(梅田)、中部オフィス(名古屋)の4カ所ですが、電話面談も利用できるため地方在住でも利用することができます。

担当エージェントが二人体制という手厚さで、たくさんの求人を紹介してくれます。

ゆうと
dodaチャレンジを利用できるのは障害者手帳を持っているか申請中の方のみです。この先は既に手帳を持っているか申請中の方だけお進みください。

第二位 ココルポート(旧社名Melkメルク)の就労移行支援サービス

第二位ココルポートの就労移行支援サービス

ココルポートでは障害者の自立就労移行支援サービスを関東(1都3県)で行っています。

2019年8月時点で、首都圏(1都3県)で38事業所展開し、精神障がい、知的障がい、発達障がい、身体障がい、難病などの障がいのある方で18歳以上から65歳未満の一般就労等を目指す方を対象としています。

ココルポートでは「1からの自立」をテーマとして掲げ、90種類以上の多彩なプログラムを実践しながら訓練していき、就職後の安定した職場定着を見据えて取り組んでいます

ゆうと
実績としても就業者数1,011名※一般就労のみ(2019年8月1日時点)、定着率85.4%※6ヶ月定着率(2019年8月1日時点)と障害者の就業率と定着率の高さがうかがえます!

主に東京・神奈川・埼玉・千葉などの首都圏エリアにお住まいの方限定で利用できる、関東で障害者に最もおすすめな就労移行支援サービスの1つです。

第三位 リンクビー(atGPの就労移行支援)

リンクビー(atGPの就労移行支援)

リンクビーは障害者の転職実績No.1のatGPを擁するゼネラルパートナーズが運営する発達障害者に特化した就労移行支援サービスです。

atGPではこれまでの実績で築き上げた大手優良企業の人事担当者との太いパイプを持ち、国内最大級の求人数があります。

ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)、ADHD(注意欠陥多動性障害)、LD(学習障害)を持っている人に特化したプログラムで発達障害者の転職・就職を厚くサポートします。

  • この記事を書いた人
アバター

ゆうと

はじめまして!これまで数度の転職を繰り返してきたゆうとです。精神的にも落ち込んでいた時に心療内科を受診し、35歳で発達障害(自閉症スペクトラム、アスペルガー障害)及び適応障害、鬱症状と診断されました。 発達障害者はその特徴である社会性の欠如やコミュニケーション能力不足で社内で孤立し精神的にまいってしまいがち。 そんな、発達障害を抱えた私が自分らしく働ける環境を手に入れた転職エージェンを利用した転職方法をご紹介しています。 発達障害者による発達障害者のための転職エージェント比較サイトです。

-子ども, 学習障害(LD)
-,

error: Content is protected !!

Copyright© 発達障害者のための転職エージェント比較サイト , 2019 All Rights Reserved.