発達障害者がおすすめする発達障害者のための転職エージェント比較サイトです!

発達障害者のための転職エージェント比較サイト

転職エージェント 就労移行支援

ITCE Academyの評判!インフラエンジニアに特化した無料研修

投稿日:

ITCE Academyの評判

IT技術や知識を身につけたい方にITCE Academyの完全無料のプログラミングスクールが評判です。

ゆうと
質の高い研修や就職サポートが実践されているにもかかわらず、比較的新しいこともあり、まだまだ知名度が低く、話題には上がってきていません。

プログラミングスクールにもいくつかありますが、ITCE Academyでは特に、

特徴

  • 授業料が完全無料
  • 1ヵ月で就職・転職可能なプログラム
  • 研修中は家賃無料で都内の施設に宿泊できる
  • 未経験からの就職率は驚異の94%!

これらの特徴が挙げられます。

ゆうと
でも授業料も無料で、宿泊まで無料って…怪しいと思いますよね。

しかしながら、運営元である株式会社エンライズコーポレーションは、シリコンバレーにも拠点を構える大規模なIT企業で実績も十分です。

そこで、この記事ではITCE Academyの評判について徹底調査し、実際に研修を受ける前の気になる不安を解消出来るようご紹介していきたいと思います。

ITCE Academyの評判

ITCE Academyの評判

それでは、実際にITCE Academyを利用した人の口コミから見ていきたいと思います。

ゆうと
体験してみて良かったという感想から、注意すべき点の両面から見ることで、より深く理解していきたいと思います。

ITCE Academyのデメリット

ITCE Academyのデメリット

まずは、ITCE Academyに参加する前に確認しておかなくてはならないことが3点あります。

注意点

  • 対象年齢は18歳以上、29歳未満
  • 校舎は代々木校のみ
  • 月に10名ずつしか受講できない

まず、ITCE Academyのプログラミングスクールに通うには年齢制限があります。

受講対象者

  • 高卒以上、28歳以下の求職者(技術職経験者は35歳以下)
  • 新卒・第二新卒・転職希望者(若手)の方

引用 ITCE Academyについて

ITの発達により、WEBプログラマーを始めとしたIT人材は年々不足して来ており、たくさんの企業が積極的に採用活動を行っている現状があります。

ゆうと
つまり、これからITエンジニアを目指す人にとっては、今大きなチャンスのある業界・職種となっているのです。

そこでITCE Academyでは今後のIT社会を支える若者に未経験者でもIT技術を身につけられ、さらに就職活動サポートまで全て無料で行っています。

地域と人数が限定されている

ITCE Academy限定

また、ITCE Academyの研修を受けるためには現在では代々木にある校舎にまで通う必要があります。

ゆうと
オンラインでの講習は行っておらず、唯一校舎があるのが代々木校になります。

さらに、毎月限定10名しかこのプログラムを受講することは出来ません

とはいえ、ITCE Academyのプログラミングスクールを受けられること自体、倍率も高くなっていますが、いざ受講する際には、学習期間中の宿泊施設も無料で使用させてもらえるので、たとえ地方在住だとしても研修から就活まで都内でみっちりとお金を抑えて活動することが可能になっています。

ITCE Academyが良かったという体験談

ITCE Academyの体験談

それでは、続いてはITCE Academyを利用してみて本当に良かったという口コミを見ていきたいと思います。

女性事務職から転職

IT未経験でも分かりやすく丁寧に教えて下さるので安心して受講できました。実際に機材を触りながら学習出来るので最終日には一人で機材とケーブルを接続出来るまで成長しました。最後の復習テストでは思った以上に高得点が出せて嬉しかったです。自身の成長を感じることができました。

男性塾講師から転職

勉強はやはり大変な部分もありましたが、その中でも面白さを見出すことができたことや、クラスメイトや講師の方々と仲良く一緒に授業受けられ楽しかった。勉強した内容も仕事で活かせそうです。就職支援についても履歴書の書き方から面接対策まで担当の方が親身になって相談に乗って下さったので自信を持って面接に臨めました。私の場合は話し方や声の大きさ等自身では気付きにくい癖を正して頂いたのが有り難かったです。

男性営業職から転職

コンピュータの基礎・ネットワーク・サーバーの主に3つについて、1ヶ月掛けて基礎の基礎を学ぶことが出来、とてもためになりました。就職支援についても講習と合わせて転職活動のサポートとして、面接対策や履歴書・経歴書の添削等を行って頂きました。連絡も細かく頂けていたので、安心して進められました。

男性インターンから就職

ITのスキルレベルは素人でだったのでLinuxサーバやCisco機器に触れるのは初めてでしたが、講師の方に丁寧に教えて頂いた為、基礎をしっかり学ぶことができました。ITに対してより興味が湧いた1ヶ月でした。就職支援については就活におけるマナーやストレス研修など、実際の就活でためになる内容でした。就職相談でも、自分のニーズに合わせて会社の提案をしていただきました。また、面接練習や履歴書の添削など充実しており、就活をスムーズに行うことができました。

参考 ITCE Academy 卒業生の声

これらITCE Academy卒業生の声をまとめると、

特徴

  • 未経験でも丁寧に教えてくれるので安心出来た
  • 1人ではなく一緒に学べる仲間がいるのでモチベーションアップ
  • 就活においても実践的な研修でためになった
  • 面接練習や履歴書の添削など親身になってサポートしてくれ安心して活動できた

これらのメリットがあることが見えてきました。

ゆうと
1ヵ月という期間の中で、手厚いサポートを受けられていることがわかりますね。

ITCE アカデミー4つの特色

ITCE Academy4つの特色

これだけ評判の高いITCE Academyですが、その特徴は大きく4つに分けられます。

特色

  • 完全無料で受講できる
  • 未経験から1ヵ月でエンジニアとして就職できる
  • 無料宿泊施設付きで地方からもエントリーできる
  • 自分の意向にあった就職活動が出来る

まず、ITCE Academyが高い評価を受けている1因に「完全無料でインフラエンジニアになれる」というポイントです。

多くのプログラミングスクールでは、

一般的な基準

  • 授業料は20万~30万
  • 途中キャンセルで違約金が発生する
  • 就職が成功することでキャッシュバックはある

といったように、当然ながら料金が発生します。

しかしながらITCE Academyでは、育てた人材を企業に就職させることで「紹介料」として報酬を得るシステムになっています。

そのため、授業料や宿泊料を無料に出来ることや、研修や就職サポートの質を高め良い人材を育てることに力を注いでいることが分かりますね。

ゆうと
質の高い人を企業に紹介することがITCE Academyの運営資金を得る手段にもなるので、自然と人材育成に熱が入りますよね。

1ヵ月でインフラエンジニアとして就業できる

ITCE Academy1ヵ月で就職

さらに、ITCE Academyでは質の高い人材育成を行うことだけでなく、そのスピード感も他者のプログラミングスクールを圧倒しています。

ゆうと
通常、ITエンジニアとして未経験から就業するには最低3カ月~1年はかかる見込みとなっています。

その秘密は、

スピード就職の秘密

  • 月10人までの少人数制
  • 専任コンサルタントがマンツーマン対応
  • 講義だけでなく実践的な研修内容

と、少数ながらも非常に手厚い指導とサポートを受けられることから、質の高さとスピードを両立しています。

ゆうと
ITCE Academyではコンピューター基礎、セキュリティネットワーク、ネットワークコマンド、サーバー、システム構築、ドキュメントなどについて基礎から学べるので経験がない方でも1ヵ月でエンジニアとして就職出来るのです。

学習期間中の宿泊施設利用も無料

ITCE Academyの宿泊施設

この特典は他のプログラミングスクールのどこにもないサービスです。

ゆうと
ITCE Academyでは遠方者向けに宿泊施設も準備しており、研修期間中の宿泊料は無料となっています。

期間中は研修のみならず就職活動もあるので、校舎のある都内で寝泊まり出来ることは就活において大きなメリットとなっています。

利用者に寄り添ったキャリアサポート

ITCE Academyの就職率

ITCE Academyの特徴の1つにプログラミング研修だけで終了ということではなく、就職サポートまで受けられるという点があります。

ゆうと
ITCE Academyとしても就職できてこそ、報酬が出るためもちろんこの点も真剣です。

ややもすると、民間の就職・転職サポートではエージェントの利益のために企業側の都合で求人を紹介する担当者などがいるという話も聞きますが、ITCE Academyでは少人数制のマンツーマン体制でサポートしていることもあり、徹底して利用者の気持ちに寄り添った就活サポートを受けられます。

結果的には就職率94%という極めて高水準な就業率と、これらのポイントから総合的にITCE Academyの評判が高いことにうなずけますね。

インフラエンジニアとプログラマとの違い

インフラエンジニアとプログラマの違い

ここまでITCE Academyのプログラミング研修の内容を見てきましたが、そもそも「プログラマ」と「インフラエンジニア」の違いって何?と思っている人も多いと思います。

簡潔にまとめると、

比較

  • プログラマ … 開発の要素が強い
  • インフラエンジニア … メンテナンスの要素が強い

と言えます。

プログラマはSEなどから「このような仕様で作ってくれ」とシステムやソフトなどのプログラミングを依頼され構築します。

一方、インフラエンジニアでは、それら実際に運用されているシステムやソフトにエラーが無いかと常に検査チェックをしている人を指します。

そのため、インフラエンジニアは一見地味な作業に見えますが、インフラという言葉通り、

インフラのメリット

  • 確実に需要がある
  • 今後も無くならない職種
  • 年齢を重ねても必要とされる
  • 過剰な開発競争に巻き込まれない
  • 文系でも活躍しやすい

といった特徴が挙げられます。

そして、ITCE Academyはこのインフラエンジニアに特化したプログラミングスクールです。

そのため、上記の特徴に合う人に特におすすめな研修プログラムとなっています。

ITCE Academyの評判まとめ

ITCE Academyの評判まとめ

ITCE Academyのプログラミング研修は比較的新しいスクールであることから、知名度や話題としてはあまり高くないものの、少人数制を取り、マンツーマンの手厚いサポートで利用者からはとても高い評判を得ているサービスです。

さらに、利用者に嬉しいのは通常高額な費用が必要となる授業料や宿泊料が無料な上に、未経験からでも就職率94%という高い実績があることです。

これまでIT未経験や正社員未経験の人でも、少しでもIT分野に興味を持った人には、無料登録をしてみることをおススメします。

ゆうと
月限定10人なので、興味のある人はお早めに相談してみてくださいね。

障害者におすすめ転職エージェント・就労移行支援比較ランキング

障がい者におすすめ転職エージェント・就労移行支援ランキング

ゆうと
転職の際には2~3社の転職エージェントに登録することが一般的です。

エージェントによって紹介できる求人や強みのジャンルなどが異なるので、希望の求人に出会えるチャンスも多くなります。

それでは具体的な発達障害者におすすめ転職エージェントをランキング形式でご紹介していきたいと思います。

第一位 dodaチャンレジ

dodaチャンレジ公式サイトへ

最もおススメな転職エージェントは障害者の転職支援人数が業界トップクラスのdodaチャンレジです。

dodaチャレンジは、dodaブランドの中でも障がい者向けに特化した転職支援サービスです。

大手・優良、外資系、ニッチトップ企業まで幅広い求人のラインナップがあり、専任のキャリアアドバイザーによるカウンセリング(面談)から、お一人おひとりの状況に寄り添い転職活動をサポートしてくれます。

ゆうと
障がいの種類においても(身体・精神・知的)など幅広くサポートしている点も魅力。

主な拠点は本社(田町)、東京(丸の内)、関西オフィス(梅田)、中部オフィス(名古屋)の4カ所ですが、電話面談も利用できるため地方在住でも利用することができます。

担当エージェントが二人体制という手厚さで、たくさんの求人を紹介してくれます。

ゆうと
dodaチャレンジを利用できるのは障害者手帳を持っているか申請中の方のみです。この先は既に手帳を持っているか申請中の方だけお進みください。

第二位 メルク(Melk)の就労移行支援サービス

第3位Melkメルクの就労移行支援サービス

メルク(Melk)では障害者の自立就労移行支援サービスを関東(1都3県)で行っています。

2019年8月時点で、首都圏(1都3県)で38事業所展開し、精神障がい、知的障がい、発達障がい、身体障がい、難病などの障がいのある方で18歳以上から65歳未満の一般就労等を目指す方を対象としています。

メルクでは「1からの自立」をテーマとして掲げ、90種類以上の多彩なプログラムを実践しながら訓練していき、就職後の安定した職場定着を見据えて取り組んでいます

ゆうと
実績としても就業者数1,011名※一般就労のみ(2019年8月1日時点)、定着率85.4%※6ヶ月定着率(2019年8月1日時点)と障害者の就業率と定着率の高さがうかがえます!

主に東京・神奈川・埼玉・千葉などの首都圏にお住まいの方限定と利用できるエリアが限られるということから、ランキングでは第二位ですが、関東で障害者に最もおすすめな就労移行支援サービスの1つです。

第三位 リンクビー(atGPの就労移行支援)

リンクビー(atGPの就労移行支援)

リンクビーは障害者の転職実績No.1のatGPを擁するゼネラルパートナーズが運営する発達障害者に特化した就労移行支援サービスです。

atGPではこれまでの実績で築き上げた大手優良企業の人事担当者との太いパイプを持ち、国内最大級の求人数があります。

ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)、ADHD(注意欠陥多動性障害)、LD(学習障害)を持っている人に特化したプログラムで発達障害者の転職・就職を厚くサポートします。

  • この記事を書いた人
アバター

ゆうと

はじめまして!これまで数度の転職を繰り返してきたゆうとです。精神的にも落ち込んでいた時に心療内科を受診し、35歳で発達障害(自閉症スペクトラム、アスペルガー障害)及び適応障害、鬱症状と診断されました。 発達障害者はその特徴である社会性の欠如やコミュニケーション能力不足で社内で孤立し精神的にまいってしまいがち。 そんな、発達障害を抱えた私が自分らしく働ける環境を手に入れた転職エージェンを利用した転職方法をご紹介しています。 発達障害者による発達障害者のための転職エージェント比較サイトです。

-転職エージェント, 就労移行支援
-, ,

error: Content is protected !!

Copyright© 発達障害者のための転職エージェント比較サイト , 2019 All Rights Reserved.