発達障害者がおすすめする発達障害者のための転職エージェント比較サイトです!

発達障害者のための転職エージェント比較サイト

就労移行支援

発達障害に就労支援がおすすめ!1人で悩まず上手にサポートを活用する

投稿日:

発達障害には就労支援がおすすめ

大人の発達障害の人の場合、知識や技術をいかして就職することはできても、人間関係などに悩んで職場に馴染めず、結果として退職と転職を繰り返してしまうことが多いです。

こんな悩みありませんか?

  • 話が噛み合わない
  • 曖昧な指示が理解出来ない
  • ケアレスミスが直らない
  • 自分勝手で協調性が無いと言われる

発達障害にもADHD(注意欠陥多動性障害)やLD(学習障害)などありますが、特に「働きづらさ」を感じやすいのがASD(自閉症スペクトラム・アスペルガー症候群)の人です。

ゆうと
私自身も話が食い違うことが多く、仕事の進め方や人間関係などのトラブルにつながったり、こだわりの強さから衝突の原因になったりしました。

しかし、たとえ発達障害を抱えていたとしても、自分に合った仕事を見つけ、輝きたいと思っている人は多くいます。

そんな発達障害を抱え、職場に馴染めないことで転職を繰り返している人におすすめなのが就労支援を利用することです。

ゆうと
特にアスペルガーの人では自分の見聞きしたことのない業種や職種へと想像を広げることを苦手としています。

再就職だけでなく、職場定着に必要なスキルや支援者が選択肢を示してくれることは発達障害者にとって大いに助けになるでしょう。

そこで、この記事では発達障害に就労支援がおすすめな理由をご紹介していきたいと思います。

自分に合う仕事が見つからない

自分に合った仕事が見つからず落ち込む男性

そもそも、発達障害の人が退職や転職を繰り返すのは実は仕事が出来ないことが直接の原因ではないことが多いです。

ゆうと
実際、専門性の高いスキルを備えている人もいます。

原因は、仕事そのものではなくその周辺から来ています。

働きづらさの原因

  • 対人関係で落ち込み、ストレスが溜まる一方
  • パワハラ
  • いじめがキツイ

参考発達障害のある人の就労の現状と課題-厚生労働省

このように、発達障害を抱える人では仕事や職場との相性や、人間関係が困難となり辞める例の方が多いです。

日常生活の乱れが仕事に影響している

生活習慣の乱れでストレスを抱えている男性

さらに、それら対人関係の問題の背景にはライフスキルの問題が隠れていることも多いです。

不安定な生活

  • 深夜まで趣味に没頭して睡眠不足
  • 不規則な食事で栄養不足
  • 身だしなみに無頓着
  • 余暇の時間を上手く使えずストレスを抱えたまま

このように生活習慣が乱れることで、体力や精神力などの元気がなくなり、遅刻や欠勤、集中力の欠如などが症状として現れてきやすい傾向にあります。

もし、上記の様な項目に当てはまるものがあれば、発達障害を疑ってみる必要もあるかもしれません。

ゆうと
再出発を切るためにも、まずは自己理解を深めることがとても大切です。

働きづらさは就労移行支援で解消出来る

働きづらさは就労支援で解消出来る

そんな、発達障害者の働きづらさの解消をサポートし、就職や転職をサポートしてくれるのが就労支援です。

就労支援に期待できること

  • 適職を見つける(ジョブマッチング)
  • 環境調整で職場定着をサポート
  • ライフスタイル(生活習慣)の改善
ゆうと
それぞれ、個別に見ていきましょう。

適職を見つける

発達障害者が就労支援で適職を見つける

就労支援に通う際には、すでに前職でうまくいかず、自信を失い、適応障害やうつ病などの精神障害を併発している場合も多いです。

そのような時でも、就労支援を利用することで支援者のジョブコーチが相談や実習を通して利用者にあった適職を一緒に考え、サポートしてくれます。

主な活動

  • パソコン(オフィスワーク)
  • グループワーク
  • 職業適性などの検査・評価
  • 職場実習
  • 就職活動

発達障害の人には様々な特性があります。

ゆうと
能力の凸凹が大きく、得手不得手がハッキリしています。

そのため、仕事の可不可も大きく分かれがちです。

そのため、自分自身が特性を具体的に理解し、自分に本当にあった仕事を探すことが極めて重要になってくるのです。

職場定着をサポート

発達障害者の職場定着をサポート

発達障害の人にとって、「就職する」ことも課題の1つですが、その職場で長く働き続けるということも同じくらい大きな課題です。

ゆうと
そのため、何度も転職を繰り返しがちなんだ…

具体的な定着サポート

  • デスクをパーティションで区切り、対人折衝のわずらわしさを無くす
  • 声をかけて休憩を促す
  • 支援者が定期的に企業を訪問

これら、障がいへの配慮をしてもらうことで、本人も企業側も仕事をしやすい環境を作ることが期待できます。

ゆうと
障害を開示してオープンに就労することでお互いにとって働きやすい環境にしていきます。

ライフスタイルの改善

発達障害者のライフスタイルの改善

対人関係の問題の裏には、生活習慣の問題があると触れましたね。

中には、生活習慣を整えることで、問題を解決できたという事例もあります。

生活面の見直し

  1. 就寝時間などを気にせず、スマホを見ていた
  2. 本人の自覚はあるものの、極端に苦手で容易に改善出来ない
  3. 支援者の助言でスケジュール管理や日誌をつけるようにした

発達障害者の中には、基本的な生活習慣が身についておらず、日常生活が乱れ仕事に影響していることが多々あります。

そのため、ライフスタイルにも支援者であるジョブコーチからアドバイスを受けながら訓練していくことで、課題の解消につなげていきます。

他にも課題となりやすい点としては、

ライフスタイルの課題

  • お金の管理
  • 健康管理
  • 身だしなみ
  • 余暇の過ごし方

が挙げられます。

ゆうと
これらライフスタイルの改善により、低下していた体力や精神力が回復し、元気に働ける状態へ戻していきましょう!

これらの課題は、発達障害者にとって1人で解消するのは非常に難しい課題でもあるので、ジョブコーチの適切なサポートが大いに助けてくれるでしょう。

発達障害に就労支援がおすすめな理由まとめ

発達障害に就労支援がおすすめまとめ

発達障害の人が退職や転職を繰り返す原因には、仕事そのものではなく対人関係が大きく影響しています。

ゆうと
そして、その原因の背景に乱れた生活習慣があるということも指摘されます。

わかってはいるけど、自分ではどうしようもできない…

そんな時に、就労支援を利用することでライフスタイルの改善や、自己分析により具体的な自分の特性を知り、自分に合った働き方を見つけやすくなります

ゆうと
発達障害の中でも特にASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)の人ではこれまで経験したことのない職種や業務を想像するのは難しく、適職を見つけていくには支援者の手が必要です。

発達障害を一人で抱え込むのではなく、適切なサポートを受けて、自分らしく働ける環境を探していきましょう。

ゆうと
東京・大阪・名古屋・神戸など全国各地に就労移行支援サービスがあります。

参考図書

  • 【発達障害の人の「就労支援」がわかる本】 早稲田大学教育・総合科学芸術院教授 梅永 雄二
  • 【知ってラクになる!発達障害の悩みにこたえる本】 株式会社Kaien代表取締役 鈴木 慶太

障害者におすすめ転職エージェント・就労移行支援比較ランキング

障がい者におすすめ転職エージェント・就労移行支援ランキング

ゆうと
転職の際には2~3社の転職エージェントに登録することが一般的です。

エージェントによって紹介できる求人や強みのジャンルなどが異なるので、希望の求人に出会えるチャンスも多くなります。

それでは具体的な発達障害者におすすめ転職エージェントをランキング形式でご紹介していきたいと思います。

第一位 dodaチャンレジ

dodaチャンレジ公式サイトへ

最もおススメな転職エージェントは障害者の転職支援人数が業界トップクラスのdodaチャンレジです。

dodaチャレンジは、dodaブランドの中でも障がい者向けに特化した転職支援サービスです。

大手・優良、外資系、ニッチトップ企業まで幅広い求人のラインナップがあり、専任のキャリアアドバイザーによるカウンセリング(面談)から、お一人おひとりの状況に寄り添い転職活動をサポートしてくれます。

ゆうと
障がいの種類においても(身体・精神・知的)など幅広くサポートしている点も魅力。

主な拠点は本社(田町)、東京(丸の内)、関西オフィス(梅田)、中部オフィス(名古屋)の4カ所ですが、電話面談も利用できるため地方在住でも利用することができます。

担当エージェントが二人体制という手厚さで、たくさんの求人を紹介してくれます。

ゆうと
dodaチャレンジを利用できるのは障害者手帳を持っているか申請中の方のみです。この先は既に手帳を持っているか申請中の方だけお進みください。

第二位 メルク(Melk)の就労移行支援サービス

第3位Melkメルクの就労移行支援サービス

メルク(Melk)では障害者の自立就労移行支援サービスを関東(1都3県)で行っています。

2019年8月時点で、首都圏(1都3県)で38事業所展開し、精神障がい、知的障がい、発達障がい、身体障がい、難病などの障がいのある方で18歳以上から65歳未満の一般就労等を目指す方を対象としています。

メルクでは「1からの自立」をテーマとして掲げ、90種類以上の多彩なプログラムを実践しながら訓練していき、就職後の安定した職場定着を見据えて取り組んでいます

ゆうと
実績としても就業者数1,011名※一般就労のみ(2019年8月1日時点)、定着率85.4%※6ヶ月定着率(2019年8月1日時点)と障害者の就業率と定着率の高さがうかがえます!

主に東京・神奈川・埼玉・千葉などの首都圏にお住まいの方限定と利用できるエリアが限られるということから、ランキングでは第二位ですが、関東で障害者に最もおすすめな就労移行支援サービスの1つです。

第三位 リンクビー(atGPの就労移行支援)

リンクビー(atGPの就労移行支援)

リンクビーは障害者の転職実績No.1のatGPを擁するゼネラルパートナーズが運営する発達障害者に特化した就労移行支援サービスです。

atGPではこれまでの実績で築き上げた大手優良企業の人事担当者との太いパイプを持ち、国内最大級の求人数があります。

ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)、ADHD(注意欠陥多動性障害)、LD(学習障害)を持っている人に特化したプログラムで発達障害者の転職・就職を厚くサポートします。

  • この記事を書いた人
アバター

ゆうと

はじめまして!これまで数度の転職を繰り返してきたゆうとです。精神的にも落ち込んでいた時に心療内科を受診し、35歳で発達障害(自閉症スペクトラム、アスペルガー障害)及び適応障害、鬱症状と診断されました。 発達障害者はその特徴である社会性の欠如やコミュニケーション能力不足で社内で孤立し精神的にまいってしまいがち。 そんな、発達障害を抱えた私が自分らしく働ける環境を手に入れた転職エージェンを利用した転職方法をご紹介しています。 発達障害者による発達障害者のための転職エージェント比較サイトです。

-就労移行支援
-, ,

error: Content is protected !!

Copyright© 発達障害者のための転職エージェント比較サイト , 2019 All Rights Reserved.