発達障害者がおすすめする発達障害者のための転職エージェント比較サイトです!

発達障害者のための転職エージェント比較サイト

転職エージェント 就労移行支援

dodaチャレンジの評判は?障害者のための求人転職サイトの口コミまとめ

更新日:

障害者の転職dodaチャレンジの評判

障害者が転職を考える上で、ハローワークやいくつかの転職エージェントなど複数併用している人が多いです。

転職エージェントの中でも障害者に特化した機能を持つdoda(デューダ)チャレンジは有名ですね。

ゆうと
2018年に深田恭子さんをCMキャラクターとして起用したことでも話題になりました。

とはいえ、ハローワークにしろ転職エージェントにしろ、あまり登録を増やし過ぎても返って転職の効率が落ちてしまいます。

ゆうと
完全無料で利用できる転職エージェントとはいえ、ある程度絞って登録したいと思いますよね。

そこでこの記事では転職エージェントの1つであるdodaチャレンジを実際に利用してみた人の評判や口コミにはどのようなものがあるか、詳しくご紹介していきたいと思います。

dodaチャレンジを利用した障害者の評判

dodaチャレンジを障害者が利用した評判

業界でも大手の転職エージェントであるdodaの障害者に特化したdodaチャレンジを利用している人はとても多いです。

ゆうと
それだけ利用されているので、口コミでは良い評判も悪い評判も見られます。

まずはdodaチャレンジを利用してみて合わなかったという人の口コミをまとめていきたいと思います。

dodaチャレンジが合わなかった口コミ

dodaチャレンジが障害者に合わなかった評判

30代男性

5年程前の1度目の転職、今回の転職と計2回使用しており、評価は今回の転職活動についてのものです。1度目の転職時のキャリアコンサルタントは本サイトの5段階評価で言えば全てに☆5を付けられるような素晴らしい方だったので、今回の転職でもその方にお願いするつもりでコンタクトしたのですが、管理部門に異動されたとの事で別の方の対応となりました。結果として、前回の転職時とはうって変わって非常に残念な経験となりました。1人1人の求職者に真摯に対応するのでは無く、とにかく面接に多くの求職者を送り込み、フィードバックを収集する事でその後に応募する人間の通過率を高めているような印象です。担当コンサルタントの当たり外れがかなり大きいのだとは思います

引用:BEST WORK

女性

精神障害の転職サポートで利用しました。
Webからの登録後、すぐに折り返しの電話があり対応も良かったので、後日キャリアカウンセリングに伺いました。実はカウンセリングに伺う直前にこのサイトを発見し、あまり良くないのかな? いやいや所詮口コミサイトだし…と思っておりました。しかしカウンセリングを受けると、障害の発症時期、発症の原因、なぜ悪化しその後どのように過ごし回復していったのかという、まるで医者に話す内容を聞かれました。私の場合PTSDがあるので過去のこと聞かれるととても不快な気分になります。過去は思い出したくないのでその話は避けていただけますか?と申し上げたにも関わらず3度ほど同じことを聞かれ手の震え、動悸などの症状が出てしまいました。職務経歴書の内容の訂正は分かりやすく今後の参考になりました。

引用:BEST WORK

数多くあるdodaチャンレンジの評価を見ていって、最も数が多かった口コミは「担当コンサルタントの質」でした。

残念なポイント

  • 営業成績のみを追求している感じがする
  • 障害のことを聞かれ嫌な思いをした

など、担当についてコンサルタントについての評価が低い口コミがいくつか見られました。

ゆうと
dodaチャレンジに限らず、転職エージェントでは人対人とのやりとりがベースになるので、どうしても合う合わないというところは出て来てしまいますね。

担当コンサルタントに不信感を抱いたままでは、自分の希望に沿う転職活動は難しくなってしまいます。

担当コンサルタントは別のコンサルタントに代わってもらうことも出来るので、その旨を伝えましょう。

また、障害者に特化した転職エージェントであるので障害についても詳しく伝える必要があるのですが、あまりにも行き過ぎて「受け入れる企業の方を大切にしている」と利用者が感じてしまうような対応を経験された方もいるようです。

dodaチャレンジが良かったという口コミ

障害者がdodaチャンレンジ利用してよかった評判

中には合わなかったという評判もありましたが、dodaチャレンジを利用した多くの人が満足している口コミを見ることができます。

男性

さらなる待遇アップを目指しての利用だったのですが、まず初めに思ったことはコンサルタントさんの対応が素晴らしかったということでした。僕がコンサルトさんに前職よりも待遇の良い、なおかつ評判の良い職場が良いと伝えたところ数日で企業をリストアップしたメールを送ってくださって対応が早いという事がありました。それら企業を調べても非常に社員からの評価が高く、良い職場しかなかったのでここのコンサルトさんの質は非常に高い物なのだと感じたのです。

引用:BEST WORK

男性

まず、各々ひとりに対してひとりのキャリアコンサルタントが担当に付いてくれるのですが、コミュニケーションが取りやすかったです。日頃、スマートフォンで友達との連絡などでラインを利用しているのですが、キャリアコンサルタントともそのラインで連絡を取り合うことができました。メールであれば、スマートフォンであっても、定型文などを書く必要があり、在職のまま転職活動を行なっている身としては返信に煩わしさを感じる部分もあったのですが、ラインであれば、連絡に気付きやすいですし、敬語は使うものの返信がしやすかったです。

女性

量についてはさすがは大手ですね。数多くの求人を紹介して頂きました。 企業のHPでは求人していない職種も、インテリジェンスでは求人している案件も多く、さすがは大手だと思いました。 質について。 超大手からベンチャー企業まで数多く揃っていました。 ご紹介頂いた会社の対応も、多くの会社で常識のある対応してくれました。

女性

私は中国地方に住んでいたため、転職エージェントの担当者は同じく中国地方を担当している方でした。しかし、私は勤務地が東京である仕事を探していたため、面接調整などの段取りがあまり上手くいかず、苦労しました。そういった遠方での調整や希望に沿った案件を紹介して頂いたdodaを主に利用していました。dodaのサービスの感想としては、サービス利用者それぞれに担当者が付くのとは別に、企業と直接やり取りをしている担当者とコミュニケーションが取れる点が良いと思いました。

引用:BEST WORK

dodaチャレンジを利用してみて良かったという点で最も多かったのが、これまた「キャリアコンサルタントの質」でした。

ゆうと
担当につくキャリアコンサルタントによって転職活動に大きな影響がある印象です。

また、他にも

良かったポイント

  • メールだけでなくラインなどを利用し連絡がスピーディ
  • 求人の数が多い
  • 求人の質も高い
  • 地方でも利用できる

少なからず、コンサルタントとのマッチングで合わないということもありましたが、多くは親身になって自分の将来を考えてくれ、コミュニケーションのやりとりもスマホのLINEなどを使用し、十分かつ小まめに行われています。

尚且つ担当のコンサルタントが膨大な求人から、本人と企業との相性を考え質の高い求人を提示してくれています。

ゆうと
コンサルタントの仕事の質で転職のスピード感と質の高さの両立をしています

さらに、dodaチャレンジでは地方からの求人にも対応出来ており、クライアントの様々な状況に合わせた転職活動の支援サポートが受けられます。

DODAチャレンジの障害者転職サービスとは

障害者の転職dodaチャレンジとは

dodaチャレンジは大手人材紹介会社のパーソルグループ内にある、パーソルチャレンジが運営を担っている障がい者向けの転職支援サービスです。

特徴

  • 実績は4,000名以上で障害者転職業界トップクラス
  • 公開求人450社以上
  • 非公開求人は8割~9割と幅広く自分にあった求人を選べる
  • 障碍種別にサポート内容が細分化(身体障害/精神障害(発達障害)/知的障害)

たとえば、精神障害や発達障害に特化したセミナーを行うなど、自身の障害に合ったキメ細かいサービスを受けることができます

dodaチャレンジの転職支援サービスを受けるには

登録の手順

  • 障害者手帳の取得(申請)
  • Webサイトで簡単登録
  • オフィスでの面談(遠方の方は電話やテレビ電話可)

と、障害者手帳の取得とweb登録が必要となります。

ゆうと
私が初めて利用するときはまだ障害者手帳を申請できる期間の前だったので、手帳の申請をしてから再度申し込みました。

dodaチャレンジでは、キャリアカウンセラーや臨床心理療法士などの有資格者のキャリアアドバイザーが在籍していることに加えて、運営スタッフの半数以上が障害を持っているという職場環境なため、様々な障害についての理解も深く、親身なサポートが期待できる転職エージェントです。

ゆうと
公式webサイトも充実して転職に関する幅広い情報を集めることもできます。

精神障害の履歴書を作成し企業に提出する

精神障害の履歴書を提出する

dodaチャレンジが一般の転職エージェントと異なる点は、精神障害や発達障害についての履歴書も作成し企業に提出するということです。

精神障害や発達障害は見た目には分かりづらく、身体障害者より転職が難しい傾向にあるのは事実です。

精神障害や発達障害

  • うつ病
  • 双極性障害
  • 適応障害
  • パニック障害
  • ASD(自閉症スペクトラム、汎用性発達障害、アスペルガー症候群)
  • ADHD(注意欠陥多動性障害)
  • LD(学習障害)

しかし、発達障害にも特化した転職エージェントではこれらの症状の方でも企業とのマッチングが出来るよう「障害の履歴書」を提出することで調整しています。

具体的には、

内容

  • 自分の障害の取扱説明書
  • 働くうえで企業側に配慮してほしい点

などをまとめて提出します。

そうすることで、一見分かりづらい精神障害や発達障害の方でも安心して企業側が受けれられるようになります

ゆうと
ハローワークや他の転職エージェントにはない就業支援サービスです。企業側にも非常に喜ばれているシステムです。

dodaチャレンジはこんな人におすすめ

dodaチャレンジがおすすめな人

おススメな人

  • プロのサポートを受けながら転職活動をしたい
  • 自分の障害に特化したサポートを受けたい
  • とにかくたくさんの求人を紹介してほしい
  • 地方での転職を希望している

転職や就職には大きな期待がある一方、漠然とした不安もついてきます。

その点、dodaチャレンジでは身体障害者だけでなく、支援が難しいとされている精神障害・発達障害の方へも積極的に取り組んでいる業界大手の転職エージェントです。

ゆうと
障害者への理解も深く、心の支えにもなってくれるdodaチャレンジは、初めて転職エージェントを利用される方にもオススメです。

障害者に特化した転職エージェントを利用することで、同じ求人でもハローワークから応募するより1.5倍近く年収がアップすることもあります。

さらにdodaチャレンジでは転職活動の方法だけでなく、自分の障害に合わせたセミナーやコンテンツの充実などきめ細かいサービスが特徴です。

ゆうと
障害者手帳を持っている方であれば、利用する転職エージェントの1つとして、迷わず登録してみてくださいね!

発達障害におすすめ転職エージェント・就労移行支援比較ランキング

発達障害におすすめ転職エージェントと就労移行支援ランキング

ゆうと
転職の際には2~3社の転職エージェントに登録することが一般的です。

エージェントによって紹介できる求人や強みのジャンルなどが異なるので、希望の求人に出会えるチャンスも多くなります。

それでは具体的な発達障害者におすすめ転職エージェントをランキング形式でご紹介していきたいと思います。

第一位 dodaチャンレジ

dodaチャンレジ公式サイトへ

最もおススメな転職エージェントは障害者の転職支援人数が業界トップクラスのdodaチャンレジです。

dodaチャレンジは、dodaブランドの中でも障がい者向けに特化した転職支援サービスです。

大手・優良、外資系、ニッチトップ企業まで幅広い求人のラインナップがあり、専任のキャリアアドバイザーによるカウンセリング(面談)から、お一人おひとりの状況に寄り添い転職活動をサポートしてくれます。

ゆうと
障がいの種類においても(身体・精神・知的)など幅広くサポートしている点も魅力。

主な拠点は本社(田町)、東京(丸の内)、関西オフィス(梅田)、中部オフィス(名古屋)の4カ所ですが、電話面談も利用できるため地方在住でも利用することができます。

担当エージェントが二人体制という手厚さで、たくさんの求人を紹介してくれます。

ゆうと
dodaチャレンジを利用できるのは障害者手帳を持っているか申請中の方のみです。この先は既に手帳を持っているか申請中の方だけお進みください。

第二位 ココルポート(旧社名Melkメルク)の就労移行支援サービス

第二位ココルポートの就労移行支援サービス

ココルポートでは障害者の自立就労移行支援サービスを関東(1都3県)で行っています。

2019年8月時点で、首都圏(1都3県)で38事業所展開し、精神障がい、知的障がい、発達障がい、身体障がい、難病などの障がいのある方で18歳以上から65歳未満の一般就労等を目指す方を対象としています。

ココルポートでは「1からの自立」をテーマとして掲げ、90種類以上の多彩なプログラムを実践しながら訓練していき、就職後の安定した職場定着を見据えて取り組んでいます

ゆうと
実績としても就業者数1,011名※一般就労のみ(2019年8月1日時点)、定着率85.4%※6ヶ月定着率(2019年8月1日時点)と障害者の就業率と定着率の高さがうかがえます!

主に東京・神奈川・埼玉・千葉などの首都圏エリアにお住まいの方限定で利用できる、関東で障害者に最もおすすめな就労移行支援サービスの1つです。

第三位 リンクビー(atGPの就労移行支援)

リンクビー(atGPの就労移行支援)

リンクビーは障害者の転職実績No.1のatGPを擁するゼネラルパートナーズが運営する発達障害者に特化した就労移行支援サービスです。

atGPではこれまでの実績で築き上げた大手優良企業の人事担当者との太いパイプを持ち、国内最大級の求人数があります。

ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)、ADHD(注意欠陥多動性障害)、LD(学習障害)を持っている人に特化したプログラムで発達障害者の転職・就職を厚くサポートします。

  • この記事を書いた人
アバター

ゆうと

はじめまして!これまで数度の転職を繰り返してきたゆうとです。精神的にも落ち込んでいた時に心療内科を受診し、35歳で発達障害(自閉症スペクトラム、アスペルガー障害)及び適応障害、鬱症状と診断されました。 発達障害者はその特徴である社会性の欠如やコミュニケーション能力不足で社内で孤立し精神的にまいってしまいがち。 そんな、発達障害を抱えた私が自分らしく働ける環境を手に入れた転職エージェンを利用した転職方法をご紹介しています。 発達障害者による発達障害者のための転職エージェント比較サイトです。

-転職エージェント, 就労移行支援
-,

error: Content is protected !!

Copyright© 発達障害者のための転職エージェント比較サイト , 2019 All Rights Reserved.