発達障害者がおすすめする発達障害者のための転職エージェント比較サイトです!

発達障害者のための転職エージェント比較サイト

発達障害転職エージェント表紙

発達障害を持つ人の中で転職を考えている人はとても多くいます。

実際に、私が心療内科を受診し発達障害(ASD自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)と診断されたのは35歳の時でした。

ゆうと
これまでの人生において生きづらさを常に感じており、適応障害や鬱症状などの2次障害を発症し、すでに何度も転職を経験してきています。

しかし、20代の頃ならまだしも30代後半や40代の再就職ともなれば、今何ができるのかという「即戦力性」とこれまでの「実績」が重要視されるようになり、書類選考で落ち続けることも日常茶飯事です。

障がいのない健常者においてもハードルが高くなるミドルの転職において、発達障害を持っている人ではその大変さは人並み以上です。

それでも、

転職にかける想い

  • 家族を養い子どもをしっかりと育てたい
  • 自分自身が健全な状態で働きたい

これらの強い想いで、転職に希望を見出し活動してきました。

そこで、このサイトでは私と同じように発達障害を持ちながらも「自分らしく働ける環境を求める人」や「家族を養う責任感のある人」へ向けて、発達障害者が本気で人生を変えられるおすすめの転職エージェントの選び方とランキングをご紹介していきたいと思います。

ゆうと
発達障害の特徴を理解し、自分らしく輝ける仕事をあきらめないで!

⇒今すぐおすすめランキングを見る

発達障害者におすすめな転職エージェントの選び方

発達障害者の転職エージェントの選び方

それでは、さっそく発達障害者におすすめの転職エージェントの探し方をご紹介していきたいと思います。

一口に転職といってもその行い方は大きく分けて4つあります。

転職方法

  • 転職サイトを利用する
  • 転職エージェントを利用する
  • 知人の紹介を利用する
  • ハローワークを利用する

この中で、発達障害者に最もおススメなのが「知人の紹介」です。

発達障害者は障害の特徴から他の人との人間関係を気づいていくことを苦手としている人がとても多いです。

そのため、職場の人間関係のわずらわしさで精神的にまいってしまい鬱症状を併発している人がとても多くなっています

ゆうと
そんな時は恥ずかしがらずに心療内科に通うことも大切。

その点、知人からの紹介で転職する場合には発達障害者にありがちな社内での「孤立」を防ぐことが期待できます。

信頼できる友人からの紹介はもっとも安心できる転職方法の1つです

とはいえ、実際にはそういった悩みを相談できる友人が少なかったり、紹介できる件数も極限られています。

そこで、1番現実的な方法が「転職エージェント」を利用する方法です。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトとエージェントの違い

転職エージェントを利用するにあたり、まず初めに抑えておきたいのが転職サイトやハローワークとの違いです。

比較表 転職エージェント 転職サイト/ハローワーク
手軽さ 並み 最優秀
第三者の評価 最優秀 不足
転職アドバイス 最優秀 並み
応募求人数 優秀 最優秀
企業や市場の情報量 最優秀 優秀
企業との調整 最優秀 不足
転職成功率 最優秀 並み

基本的に転職サイトやハローワークを利用する場合には、自分で条件に合った企業を探し、自分で必要な書類を準備し、エントリーするといった方法になります。

転職サイトやハローワーク

  • 気軽に求人を探せる
  • 企業とのミスマッチが起こりやすい
  • 職場の定着率も高くない

自分1人で動ける分、手軽さはあるものの、よほど転職に精通した人でなければ企業選びから書類の準備など不足する部分が多くなってしまいます。

人気の求人ほど倍率は高くなる上に、本人の適正と企業の求める人材とのミスマッチも起こりやすく、実際に転職できたとしてもすぐに職場に定着できずにすぐに止めてしまうケースも多い傾向になっています。

転職エージェント

  • 自己分析が正確
  • 転職成功率が高い
  • 職場定着率も高い
  • 面談などの手間がかかる

一方、転職エージェントを利用しての転職では、必ず担当のアドバイザーがついてくれて自分のキャリアパスから強みや適性を分析し、お互いが納得した形での転職となるため、成功率も高く職場定着率も高い傾向にあります。

ゆうと
さらに、発達障害者に特化した転職エージェントでは、精神保健福祉士などのサポートを受けられるエージェントもあり、発達障害者の悩みに寄り添って転職活動を進めていくことができます。

とはいえ、担当と面談して進めていくため、手間はかかるので、本気で転職を成功させたい人向けの方法と言えます。

転職エージェントのメリット・デメリット

転職エージェントのメリット・デメリット

そこで、発達障害者にとってどちらがお勧めかといえば、間違いなく転職エージェントの1択です。

メリット

  • 面談による本人の強みや適性の第3社による判断
  • 企業の求める人材とクライアントとのマッチング
  • 年収交渉など企業との調整

発達障害者ではその障害の現れ方も個人差がとても大きく、健常者でも難しい転職事情において、個々の強みや適性を判断するにはキャリアアドバイザーの存在が非常に有効になってくるからです。

また、ハローワークのような転職サイトから応募するのとは違い、転職エージェントでは地域企業との連携もスムーズでそれぞれの個性に合わせたマッチングが可能になります。

さらに転職エージェントの報酬は転職が成功した時に、その年収の何割がエージェントに入るという仕組みなため、年収交渉においてもエージェントが力を発揮してくれることが期待できます。

デメリット

  • 転職エージェントは都市部に集中している
  • 担当との相性

しかしながら、デメリットもあります。

エージェントとの面談が必要になる転職エージェントを利用できるところは都市に集中しているということです。

そのため、発達障害者では地方でも利用できる全国展開の転職エージェントを選ぶことがポイントです。

ゆうと
都市部だけでなく全国に密着した転職エージェントもあるので、安心してください!

また、転職エージェントに報酬が入る条件は利用者の転職が成功した場合となるため、会社内での成績を上げることだけが目的となっている担当がつくと、自分の適性と合わない企業ばかり勧めてくるというリスクもあります。

そういった場合には、早急に担当を変えてもらうか、他の転職エージェントを利用すると良いでしょう。

転職エージェントは2~3社登録する

転職エージェントは2~3社登録する

転職活動を始めている人の中には転職エージェントを利用する際にどこか1つのエージェントに絞って利用している方もいますが、基本的には複数のエージェントに登録することが一般的です。

理由としては、

  • エージェントにより求人の種類や数が異なる
  • エージェントにより強みが違う
  • 担当エージェントとの相性
  • 登録はいずれも無料

転職エージェントではエージェントによって扱っている求人の種類や数も異なりますし、得意なジャンルも変わります。

また、人と人との関係で進めていく以上、実際に担当してもらう担当者と合う合わないといったことも出てきます

そして、基本的に転職エージェントは登録から転職活動まで全て無料で利用できます

ゆうと
ほとんど全ての転職エージェントが企業から報酬をもらうシステムになっており、利用者には一切お金がかからない仕組みになっています。

とはいえ、あまり多すぎても面談などのやり取りの負担が大きくなり、返って効率が悪くなってしまうので、ひとまずは2社~3社の登録をすることで問題ないと思います。

ゆうと
担当アドバイザーとの面談を重ねることで、自分自身をより深く知ることにも繋がるからとてもいい機会でもあるよ!

人気のある企業ほど、短期間で募集が殺到し応募を締め切る傾向にあります。

あなたの希望する条件とマッチする企業がいつ求人を出し、いつ募集を締め切るかは分かりません。

まずはエージェントとの面談を早めに済まし、求人情報を掴むところから始めましょう

発達障害者の転職エージェント選び方まとめ

発達障害者の転職エージェントの選び方まとめ

発達障害者における転職エージェントの選び方には3つのポイントにまとめます。

選び方3つのポイント

  • 転職サイトやハローワークではなく転職エージェントを利用する
  • 全国展開の転職エージェントを利用する
  • 発達障害に特化した転職エージェントを利用する

1人1人その特徴が大きく異なる発達障害者にとって担当アドバイザーとの面談を通しての自己理解はとても重要です。

ゆうと
自己分析次第でその後の転職活動における全ての方向性が変わってくるから最も重要なポイントと言えるかもしれません。

さらに第三者による客観的な判断の元、理解のある企業とのマッチングが出来る点も大きな魅力の1つです。

ただ、転職エージェントは都市部に集中しているため、地方で転職エージェントを利用するためには全国展開している転職エージェントに登録することが大切です。

そして、転職エージェントの中には担当アドバイザーとは別に精神保健福祉士によるサポートが受けられる発達障害に特化した転職エージェントもあります。

そのため、発達障害(ASD自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群やADHD、LD学習障害)を持つ人には一般的な転職サイトやエージェントを選ぶよりも発達障害者に寄り添った転職エージェントを選ぶことで、自分の希望を実現することに近づけるでしょう。

ゆうと
このサイトでは発達障害者におすすめの転職エージェントの選び方をランキング形式でも紹介しているので是非チェックしてみてください。

発達障害におすすめ転職エージェント・就労移行支援比較ランキング

発達障害におすすめ転職エージェントと就労移行支援ランキング

ゆうと
転職の際には2~3社の転職エージェントに登録することが一般的です。

エージェントによって紹介できる求人や強みのジャンルなどが異なるので、希望の求人に出会えるチャンスも多くなります。

それでは具体的な発達障害者におすすめ転職エージェントをランキング形式でご紹介していきたいと思います。

第一位 dodaチャンレジ

dodaチャンレジ公式サイトへ

最もおススメな転職エージェントは障害者の転職支援人数が業界トップクラスのdodaチャンレジです。

dodaチャレンジは、dodaブランドの中でも障がい者向けに特化した転職支援サービスです。

大手・優良、外資系、ニッチトップ企業まで幅広い求人のラインナップがあり、専任のキャリアアドバイザーによるカウンセリング(面談)から、お一人おひとりの状況に寄り添い転職活動をサポートしてくれます。

ゆうと
障がいの種類においても(身体・精神・知的)など幅広くサポートしている点も魅力。

主な拠点は本社(田町)、東京(丸の内)、関西オフィス(梅田)、中部オフィス(名古屋)の4カ所ですが、電話面談も利用できるため地方在住でも利用することができます。

担当エージェントが二人体制という手厚さで、たくさんの求人を紹介してくれます。

ゆうと
dodaチャレンジを利用できるのは障害者手帳を持っているか申請中の方のみです。この先は既に手帳を持っているか申請中の方だけお進みください。

第二位 ココルポート(旧社名Melkメルク)の就労移行支援サービス

第二位ココルポートの就労移行支援サービス

ココルポートでは障害者の自立就労移行支援サービスを関東(1都3県)で行っています。

2019年8月時点で、首都圏(1都3県)で38事業所展開し、精神障がい、知的障がい、発達障がい、身体障がい、難病などの障がいのある方で18歳以上から65歳未満の一般就労等を目指す方を対象としています。

ココルポートでは「1からの自立」をテーマとして掲げ、90種類以上の多彩なプログラムを実践しながら訓練していき、就職後の安定した職場定着を見据えて取り組んでいます

ゆうと
実績としても就業者数1,011名※一般就労のみ(2019年8月1日時点)、定着率85.4%※6ヶ月定着率(2019年8月1日時点)と障害者の就業率と定着率の高さがうかがえます!

主に東京・神奈川・埼玉・千葉などの首都圏エリアにお住まいの方限定で利用できる、関東で障害者に最もおすすめな就労移行支援サービスの1つです。

第三位 リンクビー(atGPの就労移行支援)

リンクビー(atGPの就労移行支援)

リンクビーは障害者の転職実績No.1のatGPを擁するゼネラルパートナーズが運営する発達障害者に特化した就労移行支援サービスです。

atGPではこれまでの実績で築き上げた大手優良企業の人事担当者との太いパイプを持ち、国内最大級の求人数があります。

ASD(自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群)、ADHD(注意欠陥多動性障害)、LD(学習障害)を持っている人に特化したプログラムで発達障害者の転職・就職を厚くサポートします。

error: Content is protected !!

Copyright© 発達障害者のための転職エージェント比較サイト , 2019 All Rights Reserved.